FC2ブログ

宝宝メモリ~ズ

育児記録。アレルギーっ子の食事もちらほら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アナフィラキシーショックで救急車&エピペン

また誤食事故です。

つい4日前のことです。

その日はあぁ~ちゃんは幼稚園、私はえぇ~ちゃんを連れて友達とランチを予定していたので、出発してすぐのこと。

幼稚園から電話がかかってきました。

「あぁ~ちゃんが、農園から帰ってきたら顔が真っ赤でしんどいって言ってるんです。ちょっと様子見に来てくれませんか。お休み続いてた(その前の週いっぱい、胃腸炎でお休みしてました)し暑いから、ちょっと疲れちゃったのかもしれません。」

そんなに暑い日じゃないけどな~と思いながらも、疲れやすくなってるんだ、ランチはドタキャンになって申し訳ないし残念やけど仕方ないか。」と、思いながらえぇ~ちゃんを連れて幼稚園へ。

あぁ~ちゃん、保健室で寝てましたが、顔を見ると本当に真っ赤!

熱中症気味で赤いのとは違うくらい、耳まで真っ赤でした。

反射的に布団をめくると。。。

足や背中まで真っ赤!

この時点でアレルギー反応を疑いました。

あぁ~ちゃん、お腹が痛いといって、ぐったりしてます。

これは。。。!と、思い、エピペン&救急車を思いつきました。

でもまだ、いやいや本当にアレルギーか??胃腸炎のときも蕁麻疹でてたぞ??など色々考えて。

あぁ~ちゃんに問い詰めました。

「あぁ~ちゃん、何か食べた?えぇ~ちゃんのもの食べた?」
問い詰めながら、その日に限って米粉パンが1切れしかなかったので、えぇ~ちゃんには小麦の食パンを1.5センチ角に切ってあげたことを思い出しました。

あぁ~ちゃんは、顔を歪めながら頷きました。

普段、怒られるようなことをしたら、「してない」と、平気で嘘をつくあぁ~ちゃんです。

そのあぁ~ちゃんが認めたので、事実だと推測。

1.5センチ角を1つ食べたそうです。

その時点でも、あぁ~ちゃんが喋れていたので、エピペン&救急車を迷ってたんですが、

幼稚園の先生と「咳は出てないですね」と言ってたら

あぁ~ちゃんが顔を歪めながら
「咳でてた~お休み調べのとき、咳止まらへんからお茶飲んだ」と。

ここで、エピペン&救急車を決定。

先生に救急車を呼んでもらい、私はエピペン。

半ズボンで生足に直接打つのは抵抗があったので、幼稚園のお着替え用に持ってきていた古いTシャツを足に当ててその上から打ちました。

そして、義母にTELしてえぇ~ちゃんを迎えに&預かりをお願い。

ほどなくして救急車と義母が到着し、えぇ~ちゃんは義母に、私とあぁ~ちゃんは救急車に乗り込んで、かかりつけの病院に搬送してもらいました。

車中ではエピペンの効果か血圧もサチュレーションも安定していたんですが、病院に着く直前にサチュレーションが90くらいまで低下。

顔と身体中、赤紫色でした。

病院に着いたら、アタラックスPを服用し、ポララミン(抗ヒスタミン剤)とプレドニン(ステロイド)を点滴、吸入もしたのですが、血圧が上80台、下40台まで下がり、サチュレーションも90くらいまで低下。

酸素マスクをつけ、再びボスミン(=エピペン)を注射。

その間あぁ~ちゃんは寝たり起きたり。

実母が様子を見に来てくれて、背中を掻いたりしてくれたりしてるうちに あぁ~ちゃんの意識がはっきりしてきて、喋るようになってきました。

それに比例して、血圧とサチュレーションが安定。

夕方には夫も来てくれ、あぁ~ちゃんは元気になっていきました。

本当に良かった~!!

今回は血圧に影響したのでアナフィラキシーショックでした。

担当の先生と話をしてる中で「あれだけ適切に手を尽くしても命を落とすケースってあるんですか?」と尋ねると「はい、年に数件ですが、そういうケースもあります。」最後に、

「今回も危ないかと思いました」

えぇぇっっ∑(゚Д゚)

確かに、今回は前2回の誤食事故に比べ回復が遅く、心配しました。

アドレナリン2本も打ってますから。

まだまだ私の認識が甘いということです。

改めて、えぇ~ちゃんは小麦、卵、乳が食べれるのですが、気をつけようと思います。

◯あぁ~ちゃんとえぇ~ちゃんが一緒に食事をする際には、必ず2人に同じものを食べさせる。もちろんあぁ~ちゃんが食べられるもの。
「見た目が似てる、違うもの」は、言語道断。今回はこれをした私のミスです。
かといって、「見た目が違う、違うもの」も、過去にあぁ~ちゃんは興味本意で食べたことがあるのでだめです。

◯あぁ~ちゃんが食べられないものはできるだけ家に保管せず食べきるようにする。
保管せざるを得ないものは、必ずあぁ~ちゃんの手が届かない&見つからない場所へ隠す。
※卵と乳については栄養面で必要性を感じているので、あぁ~ちゃんが幼稚園に行っている間にえぇ~ちゃんに食べさせるし、卵の黄身なんかはあぁ~ちゃんも食べないといけないので、「買わない」という選択肢は今の所ありません。

◯毎食「いただきます」「自分のお皿じゃないものは食べません」をセットで言うようにする。

ただ、強いて言えば、今回食べた量は、アドレナリンを3本打った去年の負荷試験で食べた、細いうどん約3センチの小麦たんぱく量より多いと思われるにもかかわらず、症状はその時に比べ軽かった(といえどアドレナリン2本ですが)ので、ものすごい微量ではありますが、食べれる量が増えたのかもしれません。

希望を捨てなくていいかも!?

スポンサーサイト
[ 2015/06/02 22:32 ] アレルギー | TB(0) | CM(0)

アナフィラキシーで救急車&エピペン

久々に投稿。

だいぶ前の出来事(2015年3月)ですが、あぁ~ちゃんがアナフィラキシーを発症しました。

原因不明です。

実家で夕食に唐揚げ(衣は片栗粉)、フライドポテト(ジャガイモに片栗粉の衣)、茹でたブロッコリー、トマトを食べた10分後くらいに元気がなくなりました。

あぁ~ちゃんに不調がないか尋ねたところ、お腹が痛いとのこと。

あれれ~どうしたんかなあ??と思っていると、体を掻き毟りだし、服をめくってみると、背中が真っ赤!

風邪などで蕁麻疹がでることはあると思いますが、他の症状と同時に、それも食後に急に出ることはあまりないので、この時点でアナフィラキシーを疑いました。

その直後くらいに咳が出だして。。。最初は「ケホ」くらいの軽い咳でしたが、次第に「ゴホン」と重くなり。。。

ここで原因が不明ながらもアナフィラキシーを確信しました。

あぁ~ちゃんに問い詰めても、前回のようにつまみ食いなどはしていないみたいで。

とにかく対処しなくては!と思いました。

あぁ~ちゃんの場合は、過去に0.3gの小麦でボスミン3本を打つほどの危険な状態になったことがあるので、2つ以上の症状や、お母さんが「ヤバイ」と思うような症状が出たら、迷わずエピペン&救急車で対処してくださいと言われています。

ので、エピペンを太ももに打ってから救急車。

エピペンを打ったときに泣いたのとエピペンの効果があったのか、そこからしばらくはギャーギャー泣くほど意識ははっきりしていました。

実家にいたのが不幸中の幸い。

えぇ〜ちゃんを実家に預けて救急車に乗り込みました。

車中でサチュレーションが90くらいまで下がり、ぐったりした様子が見られてドキっとしましたが、病院に着いたらまた意識がはっきりし、アタラックスPを服用、ポララミン(抗ヒスタミン剤)とプレドニン(ステロイド)の点滴で落ち着きました。

ホッ。

念のために一晩入院して経過観察しましたが、大きな症状が出ることもなく翌日に退院できました。

前回の経験から、救急車に乗り込む際に眼鏡やタオルなどの入院グッズ、そしてあぁ〜ちゃんの靴を持って乗り込めたので、さほど不便を感じず過ごせました。

原因は何だったのか未だに不明ですが、今までの症状の出方を考えると小麦の可能性が高く。。。

そして経路の可能性としては

1.唐揚げやフライドポテトを作った鍋に小麦成分が残っていた。

2.実母が衣をつけたのは数日前で、それ冷凍、解凍したものを揚げたので、小麦を使わないと気をつけていたけど記憶違いがあり得る。

3.あぁ〜ちゃんが何かを知らない間に食べた。

4.昼過ぎに乳糖が含まれるグミをいつもより少し多めに食べた。
(乳糖を含む食品で症状が出たことはない)

です。

ちなみに、片栗粉のメーカーに電話で小麦乳卵の混入がないことは確認済です。

何にしても、大事に至らなくて良かったです。

こういうことが2回続いて。。人間って怖いですね、こういうことでも「慣れ」が出てくるのか、何となくですが、適切に対処すれば死ぬことはないんだ、というような変な安心感が出るんです。

そして後にまた事故を起こしてしまうのです。。。💦


[ 2015/06/02 15:07 ] アレルギー | TB(0) | CM(0)

小麦を誤食!その1

1ヵ月前の出来事ですが。

あぁ〜ちゃん、小麦を誤食して救急車で搬送されてしまいました。



お餅が大好きなあぁ〜ちゃんなので、その日のお昼ご飯はお雑煮にしました。

でもえぇ〜ちゃんはまだお餅が食べられないので、お雑煮の出汁でうどんを。

あぁ〜ちゃんの隣でえぇ〜ちゃんにうどんを与えるのは少し気になってはいましたが、あぁ〜ちゃんは落ちた物や食べたことのないものは食べたがらないし、大好物のお餅を食べていたので、つい油断していました。

あぁ〜ちゃんはお餅を食べている最中、突然食欲が落ち、トイレへ。

お腹に違和感がありそうながらもなかなか出ず。

結局その後お雑煮を食べ進める事なく何度かトイレへ。

やっと便が出るもまだお腹の違和感がありそうでした。

そのうち咳が出だしてあくびも頻繁に。

嫌な予感がしたのであぁ〜ちゃんに「もしかしてうどん食べた?」と聞くと恥ずかしそうに「うん」と。。。。。!!!!

「だって美味しそうだなぁって思ったんだもん」とのこと。。。!!!

あぁ〜ちゃんはみるみる元気がなくなっていき、床にコロンと寝転がってしまいました。

背中や目の周りには紅斑と言うのでしょうか、ボコボコでは無いですが、じわーっと赤くなっていました。

重苦しい咳も出ています。

これはやばいと思い、まずは119番。

それからぐったりと寝ているあーちゃんの上にうれしそうに乗っかっているえぇ〜ちゃんを見て、これを何とかしなければと思い、義母に電話。

預かってもらうことにしました。

その2に続く



[ 2015/02/15 10:02 ] アレルギー | TB(0) | CM(0)

小麦を誤食!その2

えぇ〜ちゃんのうどんをこっそり食べて、腹痛、咳、紅斑の症状が出てゴロンと横になってしまったあぁ〜ちゃん。

急いで救急車を呼び、義母にえぇ〜ちゃんを預かってもらうようお願いし、あぁ〜ちゃんの太ももにエピペンを打ちました。

打つかどうか迷いましたが、あぁ〜ちゃんの場合、微量の小麦で命にかかわる症状が出ることが分かっていたので、2つ以上の症状が出たとき、これヤバイなって思ったときには打つように言われていたことを思い出し、ズボンの上から打ちました。

5分ほどで救急車と義母が同時に到着。

えぇ〜ちゃんを託し、救急車に乗り込みました。

かかりつけを聞かれたので、羽曳野の医療センター(症状からアナフィラキシーだと分かっていたので)だと伝えると、そこに搬送してもらえるとのこと。ホッ。

救急車では、あぁ〜ちゃん眠ってしまいました。(車の振動のせいもありますが、あぁ〜ちゃん、アレルギー反応が起きると、かなりの確率で眠ります)

寝ながらも何度か咳き込んでましたが、30分後くらいに病院に着く頃にはだいぶ落ち着いていました。

病院につくとすぐに主治医の先生が診察に来てくれました。

症状が軽快しているし、血圧やサチュレーションに異常はなかったので今回は大事に至らないであろうとのこと。

でも二層性の症状が出ることもあるので、一晩経過観察の入院となりました。

入院中は定期的に血圧やサチュレーションなどの測定をして様子をみる、という感じでした。

大きな変化が出る事はありませんでしたが、一度引いた蕁麻疹がまた出てきたり、なんとなくしんどそうだなぁという感じはまた見受けられたので、それが二層目の症状だったかもしれません。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
それにしても本当に本当に気をつけなければと思いました。

うどんは安いし、えぇ〜ちゃんも大好きだし、あぁ〜ちゃんも、自分が好きなものを食べていれば興味を示さなかったのでえぇ〜ちゃんには与えていたのですが、あぁ〜ちゃんも成長とともに興味を示し、そして親の許可がなくても食べてみたくなるんですね。。

これからは姉妹同じものを食べさせるようにしないと(~_~;)

それから、重度のアレルギーっ子なんだから、救急車に乗り込む時にさっと持っていけるような入院セットは常に用意しておかないと(~_~;)

入院中とはいえ、できるだけ現地で買うなどの出費を抑えたり、快適に過ごしたりできるように、準備できるものは準備しておいたほうがいいと思います。

例えば、枕がわりの小さなクッション(大人も子供ベッドに枕なしで添い寝なので。。)や、コンタクトレンズの洗浄液、使い捨てスリッパ(あぁ〜ちゃんを救急車に乗せるときに靴を忘れてきました)などです。

アレルギーっ子じゃなくとも小さな子供がいる家庭では用意しておいてもいいかもしれませんね。











[ 2015/02/05 17:59 ] アレルギー | TB(0) | CM(0)

小麦負荷試験から思うこと


あぁ~ちゃん、入園しました!

2年保育の幼稚園なので、園内では年少というカテゴリーですが、一般的には年中です。
意外とご機嫌で通ってます。

発達の面での心配事はいろいろとありますが、もともとお母さんにベッタリというタイプではないので、すぐに泣いたり、ということはないようです。

ただ、新しい環境が苦手な特性ゆえ、ここ1週間ほど腸の調子が不穏で、頻繁にトイレに。。。

少し様子を見てみます。


さて、先日の負荷試験により、僅か0.1gと0.2gの小麦でこれだけ重篤な症状が出るということが分かりました。

食べるたびにより少ない量でより重い症状がでているような気がします。

もちろん引き続き厳密除去を指示、エピペンを処方されたので、成長にともない許容量が増える日を待つしかありません。

幸い、除去食に関しては私もあぁ~ちゃんも楽しめるくらいになってきています。

ただ、これからの課題は如何にあぁ~ちゃんのアレルギーが重いかということを家族、親戚、幼稚園などの周囲と共有していくかだと思います。

あぁ~ちゃんに言ってきかせるも、まだまだ4歳、責任は大人にありますからね。

幸い、幼稚園は公立で、アレルギーっ子の扱いがマニュアル化されているので、教育委員会を通せばエピペンの研修などをスムーズに行ってもらえました。

兎に角、私だけがあぁ~ちゃんのアレルギーの重さを認識している状態では決していけない!

多少モンスターペアレント化してでも「大丈夫でしょ」で済ませないようにしたいと思います。
[ 2014/04/19 08:19 ] アレルギー | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ま☆☆り

Author:ま☆☆り
2010年2月に長女を出産。
乳児湿疹のときからアレルギー生活開始。
現在卵・乳・小麦・完全除去中。

2012年12月に二女を出産。
生後6ヶ月の検査で、卵、乳のアレルギー。

除去食や代替食作りが趣味と化しています。

いまいくつ?
カテゴリ
最新トラックバック
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。