FC2ブログ

宝宝メモリ~ズ

育児記録。アレルギーっ子の食事もちらほら。
カテゴリー  [ 育児:2歳10ヶ月、0ヶ月 ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

入院中の生活

入院中の生活について。

誰が興味あんねん!と突っ込まれそうですが。。。記録として書かせてください\(__)

朝5時半
夜中赤ちゃんを新生児室に預けている場合は、赤ちゃんが部屋に戻ってくる。

血圧や熱を測りに助産師さんが回ってくる。

赤ちゃんと一緒にちょっとウトウト&テレビなど見る。

8時
朝食、授乳など。

9時半
赤ちゃん診察等のため新生児室に預ける。

その間にシャワーや洗濯。

先生の診察がある日も。

11時半
赤ちゃんが戻ってくる。

12時
昼食、授乳など。

13時ー
面会、昼寝、授乳など。

18時
夕食、授乳など。

21時消灯
就寝中も数回助産師さんがガチャッと扉を開け様子を見に来ます。


★傷

会陰の傷が結構大きく、肛門のほうの筋肉まで裂けていたみたいでした。
が、縫合後の痛みは会陰切開したあぁ~ちゃんのときとそれほど変わりませんでしたし、退院時には普通に座って歩けるようになっていました。

ところが、その損傷した部位が部位なだけに、麻痺しているために排便時の筋肉の締まりが悪く、
トイレにいきた~い!と思うとすぐに。。ここから先は書きませんが、お漏らしはしてません!かろうじて。。(--;)ただ、出産直前にした浣腸の薬剤らしきものは出てきました。。
これを先生に訴え、毎日回復具合をチェックしてもらいました。

退院時には、ほぼ問題なく排便できるようになっていました。

こんな経験今までなく、生活する上で支障をきたす問題ですが、助産師さんに訴えると、「出産は、まあねえ、いろいろあるわよねえ。。」で済まされてしまいましたー(´д`)!


★後陣痛

出産当日は、ほとんど痛まず。鈍痛がするかな?くらい。

助産師さんに「アトバラは痛む?」と聞かれても、「想像ほどではない」と、余裕綽々。

ところが、翌日のお昼からえぇ~ちゃんにおっぱいをあげ始めた途端、ギュウーーー!とした痛みが!
痛みがある間はしゃべれないほどでした。

ので、痛み止めのお薬をもらいました。

効いている間はいいのですが、4、5時間ほどですぐに効き目が切れる。
そのときの痛さといったら!!
薬を飲んだことを後悔するほど。。

でも、飲まないと痛くて授乳できない!

そして一日に飲めるのは3回まで。

えぇ~ちゃんの診察のときや夜中に新生児室に預ける時間は授乳はなく、授乳しないと痛んでも我慢できたので、その時間を避けて綿密にw計算して薬を飲んでいました。

痛まなくなったのは、出産後3、4日目くらいだったかな?
それくらいから夜中もえぇ~ちゃんと同室にしてもらいました。


★病室

総合病院ということで、個室はほぼないだろう、相部屋でもいいかと思ってましたが、個室も結構あるみたいだったので、個室にしてもらいました。

最初に通されたのが陣痛室で、ベッドが4つ並んだだけのとても簡素な部屋だったので、「相部屋ってこんな感じですか?」と、聞いたら「そうです」と言われましたが、実際の4人部屋は、家具で仕切られ、とても綺麗でプライバシーもある程度守れそうな感じでした。

でもまあ、個室にしたおかげであぁ~ちゃんが部屋でギャーギャー言っても(夫やおばあちゃんと一緒に、毎日来てくれました!)、夜に自室のベッドでゴロゴロしながら夫と電話で話してても、気を遣わずに済んで良かったです。

それに、個室だと夜中も母子同室が可能なので、「泣いたら授乳」ができました。

おかげで、おっぱいが溜まりカチカチになるというのは一日だけで済みました。


★あぁ~ちゃん

前述のとおり、あぁ~ちゃんは夫やおばあちゃんと毎日お見舞いに来てくれました。

あぁ~ちゃんの靴に迷子鈴をつけていたので、「リンリンリン。。。」という音が聞こえるとあぁ~ちゃんが来たな!と嬉しくなりました。

出産当日まる一日会ってないだけなのですが、産後初めて会ったときは、すごく大きく見えました。

たぶん一日新生児を見ていたからだと思いますが、あぁ~ちゃんの濃い睫毛や眉毛がオバケみたいに見え


★食事

あぁ~ちゃんのときは個人病院だったので、食事はすごく豪華でした。

今回は総合病院で、しかも妊娠糖尿病なので全く期待してませんでしたが。。。
この病院に来た目的は、元気な子を産むことであるのは重々承知はしてますが、なんというか、やっぱ食事ってテンションを左右するんですよね(..)

出産後に、嬉しい知らせが。

「普通食出してもらえるそうですよ。」

ヤッター\(^_^)/!!
やっぱりね、ある程度栄養とらないと母乳も出ないっしょ!赤ちゃんは生まれたことやし!

meal1
いかにも病院食。。ですが、食器の効果かと思います。。味は薄味でとても美味しかったですよ!
一応、「1800キロカロリー制限食」ではあるらしいですが、ご飯が毎回200gも入ってました。

meal3
ボリュームたっぷり!

meal2
朝食は軽めでしたが、パンは60g×2枚。
それまで病院の指示で食べてた量の倍です。
このパンがね~給食を彷彿とさせる甘さで美味しいんです。

margarine
マーガリンの名前が気になったので。
リノール酸にはいいイメージありませんが、体に良い面もあるんですね、確か。

meal4
祝い膳。あるとは思ってなかったので嬉しいです。
ただし、私のには「ケーキなし」と、記載されていました(T_T)
後日別室の産婦さんに聞いたら「ケーキがついていた」とのこと。
いいんです。母乳が詰まるリスクが減らせたと思えばいいんです(T_T)
それに、ずーっと我慢していたコーンポタージュがついてて嬉しかったし!
(コンポタは糖尿の敵!)


と、いう感じで、入院中は結構のんびりと過ごしていました。

スポンサーサイト
プロフィール

ま☆☆り

Author:ま☆☆り
2010年2月に長女を出産。
乳児湿疹のときからアレルギー生活開始。
現在卵・乳・小麦・完全除去中。

2012年12月に二女を出産。
生後6ヶ月の検査で、卵、乳のアレルギー。

除去食や代替食作りが趣味と化しています。

いまいくつ?
カテゴリ
最新トラックバック
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。