宝宝メモリ~ズ

育児記録。アレルギーっ子の食事もちらほら。
月別アーカイブ  [ 2014年01月 ] 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

新年です!

遅いですが、あけましておめでとうございます!

今年も宝宝メモリ~ズを宜しくお願いいたします。

さて、年末より更新が滞っていましたが、大晦日は例年通り家で過ごしました。
例年と違い、おせちらしきものも作りましたよ。
ユリ根以外はこれといったおせち食材ではないんですがね。

2014011921140440b.jpg

お正月はごはんを作りたくない、そして家族で同じものを食べたいという思いから、おせちを作るしかない、という決断に至ったのです(大げさかな)。

鶏団子とりんごきんとん、子供たちに大人気でした。

その他、ハムやかまぼこはお正月食材売り場にはたくさん並んでいて、卵、乳、小麦不使用のものが中にはあるんですよ!

ハムなんて高確率で見つかります!

3日までこのおせち(もどき)を食べ続けましたよ。

今年は義父が退院後間もないので、義兄一家との集まりは中止になり、元旦は家で義父母とかるくお寿司など食事。

翌日は例年通り私の実家にておせち、鍋、スイーツ、(飲める人は)お酒尽くし。

そんな過ごし方をしていたわけですが、ここ数日の乾燥のせいか、あぁ~ちゃんもえぇ~ちゃんも痒みが酷い!

あぁ~ちゃんは見た目はそれほど酷くないのですが、痒い~と怒り泣きながら私を起こすので、そのたびにせっせと保湿クリームを塗ります。

そしてえぇ~ちゃんは、首回りとお腹がまっかっか。。かなり痒そうです。

それに加え夜泣きもあり、私は睡眠不足できつかった。。。

でも、抱っこで寝かすのではなく、一緒に寝てしまったら夜泣きしないことが分かりました。ホッ!

一緒に寝ると私の顔を枕にして寝るので時々苦しいんですが(^-^;可愛いからいいです。

えぇ~ちゃんはともかく、あぁ~ちゃんは入園を控えているため、規則正しく寝起きする習慣をつけるためにも、夜中の安眠は確保しないといけません。

そのために。。。

1、体の中から

1年ほど前から1日2回のザジテン(抗ヒスタミン薬)と毎食前のインタール(腸からのアレルゲンの吸収を抑える薬)をやめていたんですが、ザジテンをジルテックに変えて再開しました。(ザジテンもジルテックも効能は同じですが、より脳への影響が少なく飲みやすい方へ変更しました。)

ジルテックは、痒みを抑えてせめて夜はしっかりと寝るようにするため、

インタールは、家ではほぼ誤食の心配がないのでいらないと思ってましたが、卵、小麦、乳を除去しているにもかかわらず、痒みや咳などの体調不良が多いので、もしかしたらまだアレルゲンがあるのかもしれない(いや、数値で陽性が出てるのは他にもたくさんあるんです。)ので、そこからの遅延型症状を少しでも抑えられるかな~と実験的に再開しています。

もし効果がなければ、インタールの服用は幼稚園でのみにしようかと思いますが。。

そして、痒みが強い日は青魚やあくの強い野菜は控えます。

過剰な糖分、油脂は言うまでもなく!


2、お肌のケアとして、

朝 痒み又は炎症があるところ→アルメタとワセリンの混合薬
それ以外→保湿クリーム

日中 痒がるたびに保湿クリーム

お風呂あがり 炎症があるところ→アルメタとワセリンの混合薬
それ以外→ワセリン

夜中痒いとき→保湿クリーム

3、空気の加湿

空気清浄機の加湿機能だけでは足りないので、夜は24時間換気の換気口を閉めて寝室に洗濯物を干し。(カビが怖いので日中は開けてます)


4、温度調節

痒くてうまく寝入ることができないときは布団をかけずに毛布を軽くかけ寝てしまってから布団をかける。

寝室では暖房をつけていないのでひんやりと寒いのですが、それでもびっくりすることに寝入るときは頭に汗をかいてます。。

なので、寝入るときに限っては暑いんだろうな~と。


そうやって、続けています。

前は、夜の痒みはお風呂あがりにしっかりとクリームを塗るだけでいいと思っていましたが、昼間の痒みを抑えることでかきこわしから広がる夜の痒みを抑えられてるかな~と思います。

それに、加湿や服薬することで夜中の咳も抑えられるんですよね。

咳がひどくなりそうな日はマスクして就寝。

親子で夜の安眠を確保するために色んな努力をしています。

スポンサーサイト
プロフィール

ま☆☆り

Author:ま☆☆り
2010年2月に長女を出産。
乳児湿疹のときからアレルギー生活開始。
現在卵・乳・小麦・完全除去中。

2012年12月に二女を出産。
生後6ヶ月の検査で、卵、乳のアレルギー。

除去食や代替食作りが趣味と化しています。

いまいくつ?
カテゴリ
最新トラックバック
カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。